東京の税理士、東京都の税理士事務所は角陸会計事務所。
会社設立、確定申告、相続税、起業支援、節税に強い経営革新等支援機関。

0359097331

  • TOP
  • 最新情報

書面添付制度 Q&A 書面添付制度 Q&A

KADORIKUcolumn

書面添付制度 Q&A

2021.7.15 税務申告 税務調査

Q:税務調査が来なくなると知り合いから聞いたので、書面添付を今の税理士に頼んだのですが断られました。 理由を尋ねてもしっくりする回答を得られずはぐらかされてしまいます。 どういった理由が考えられますか? A:書面添付制度とは、税理士が申告書の作成に関して計算・整理し、又は相談に応じた事項を具体的に記載した書面を申告書に添付する制度です。この書面を添付することにより、税務調査の前に税理士に...

もっと見る

確定申告

2020.2.21 税務申告

所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。◆ 所得税の控除 ◆  所得控除には、年末調整で受けられるものと確定申告を行なわなければ受けられないものがあります。税額控除は、ローンを組んでマイホームを買った耐震改修工事をしたなどが該当します。 ...

もっと見る

年末調整

2019.12.16 税務申告

会社から受け取る給与は、所得税が「源泉徴収」されています。しかし、その年1年間に給与から源泉徴収された所得税の合計額は、必ずしも1年間に納めるべき税額とはなりません。このため、1年間に源泉徴収された所得税の合計額と1年間に納めるべき所得税を一致させる必要があり、それを計算・調整する手続を「年末調整」といいます。年末調整の対象となる人は、年末調整を行う日までに給与の支払者に「給与所得者の扶養控除等申...

もっと見る

消費税~増税後の今振り返りたいこと~

2019.10.7 税務申告

令和元年10月1日、いよいよ消費税率が10%に引上げられました。私たちの生活品の多くに課税される消費税。同時にはじまった軽減税率制度により、一部飲食料品などは税率8%にとどまるなど、消費税が今後より密接に生活に関わってくることは間違いありません。そして、私たちを守ってくれる医療や介護サービスなどの社会保障のしくみは、この消費税を含む私たちの税金等によって維持されています。中でも、景気に左右されにく...

もっと見る

年末調整 配偶者控除・扶養控除

2018.10.3 年末調整

年末調整  会社など給与の支払者は、役員又は使用人に対して給与を支払う際に所得税及び復興特別所得税の源泉徴収を行っています。しかし、その年1年間に給与から源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額は、必ずしもその人が1年間に納めるべき税額とはなりません。このため、1年間に源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額と1年間に納めるべき所得税及び復興特別所得税額を一致させる必要があり、この手続...

もっと見る

法人保険を活用した福利厚生制度 その2

2018.6.5 税務申告

前回は養老保険についてご説明させていただきました。今回は医療保険についてご説明させていただきたいと思います。医療保険の法人契約とは医療保険の契約者を会社にするということです。簡単に言うと会社が医療保険の保険料を支払っていくことです。1番のメリットはその保険料を損金で落とすことができます。ほとんどの医療保険は保険料の全額を損金算入することができます。もし入院などで給付金が発生した場合は会社が給付金を...

もっと見る

法人保険を活用した福利厚生制度

2018.5.24 税務申告

法人保険とは、「契約者=法人」となる保険です。法人保険を活用することで従業員に万一のことがあった場合のリスクへの備えや従業員への福利厚生の充実を図ることにより「定着性」「勤務モラル」「生産性」「安心感」「従業員の家庭生活の安定」などの向上に寄与します。福利厚生を整え待遇を改善することは、従業員のやる気を引き出し、会社がよりいっそう多くのキャッシュを稼ぎ出す原動力になるという良い循環を作り出します。...

もっと見る

個人の所得 その2

2016.12.5 税務申告

所得の種類や金額により、確定申告をしなくてもよい場合があります。以下に該当する方の確定申告は任意となります。1. その年中の所得の合計額が、全ての所得控除額の合計額より少ない者、もしくは所得控除額の合計額を超える所得金額に対する所得税が、配当控除額及び年末調整にかかる住宅取得等特別控除の合計額以下の者2. その年中の給与等の収入金額が2,000万円以下で、次の①又は②に該当する者(ただし「確定申告...

もっと見る

個人の所得 不動産所得

2016.12.5 税務申告

不動産所得とは、①土地や建物などの不動産の貸付け、②地上権など不動産の上に存する権利の設定及び貸付け、③船舶や航空機の貸付けによる所得です。ただし、事業所得又は譲渡所得に該当するものは除きます。事業所得の例:下宿等のように食事を供する場合譲渡所得の例:不動産の売買不動産所得金額の計算方法は、下記の計算式になります。総収入金額-必要経費=不動産所得金額不動産所得は、その不動産貸付けが事業として行われ...

もっと見る

個人の所得 給与所得

2016.12.5 税務申告

給与所得とは、勤務先から受ける給料、賞与などの所得を言います。給与所得金額の計算方法は、下記の計算式になります。(その年中の給与等の収入金額)-給与所得控除額(最低65万円)=給与所得金額給与所得控除とは、事業所得などのように必要経費を差し引くことができない代わりに所得税法で定めた給与所得控除額を給与等の収入金額から差し引きます。給与所得控除額の速算表 ...

もっと見る

お問い合わせはコチラから

お気軽にお電話ください!

0359097331

平日(月〜金)9:00〜18:00

↓ メールでのお問い合わせはこちら
info@kadoriku.com